ZEH普及目標zeh

快適工房は2020年、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス50%以上の普及を目指しています。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)ゼッチとは?

創った分を使うNet Zero Energy Hose=ZEH ZEHとは(定性的な定義)ZEHとは、「外皮の断熱性能等を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロになることを目指した住宅」とする。

ZEHとは、Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略です。わかりやすく言えば「太陽光発電などでエネルギーも創り出すエコ住宅」のことです。つまり太陽光発電などのエネルギー創出量と、家庭・住宅で使用するエネルギー消費量が年間で概ねゼロになる住宅のことをいいます。
経済産業省の定義では、「年間の一次エネルギー消費量がネットで概ねゼロになる住宅」とされています。
一次エネルギーとは、石油や石炭など燃料エネルギーのことです。ネットゼロとは、正味ゼロという意味です。

ZEHにおすすめの高効率設備機器

太陽光発電、蓄電池、エアコン、照明器具、換気設備、エネルギー計測、節湯型水栓、給湯設備

ZEH普及活動

いま、政府が進めているのは「ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)」の普及。つまり、これからは”省エネ住宅の自宅でエネルギーを創って、自宅で使う”時代になるんです。

【1】ZEHの周知・普及に向けた具体策

社内において、協力会社共にZEHに関する勉強会を行い、理解を深めます。お客様には打ち合わせ時、パンフレット等でZEHのご案内、プレゼンし、理解される様努力いたします。見学会、イベント等でZEHの啓もう、周知徹底に努めます。

【2】ZEHのコストダウンに向けた具体策

メーカー等はまとめて発注し、コストダウンに努めます。性能と工法、設備の組み合わせを検討し、コストパフォーマンスを追及いたします。ZEHの規格化、標準仕様を作成いたします。

【3】その他の取り組みなど

自然エネルギー(通風、昼光、雨水利用)を省エネルギー化計画に生かします。ランニングコストを考慮して、高効率な設備を提案いたします。地域材の利用、自然素材を多用することで、間接的にもCO2の削減を抑えます。あまりに機械類にたよりすぎない家づくりを目指します。

ZEH 普及目標

年度2016年度2017年度2018年度2019年度2020年度
ZEH受託率5棟
実績(年間総棟数)
6棟
実績(年間総棟数)
30%40%50%以上

リフォーム・リノベーション・新築・エクステリアなら快適工房にお任せください 無料見積もり・
お問い合わせ・資料請求
耐震診断・設計図・お見積もりを無料で行っております。お気軽にご相談ください!